ホーム

J:COMさんの取材を受けました

香港の高校生たちが梨園に体験ボランティアに来るということで、昨日J:COMさんが梨園に取材にいらっしゃいました。 放送は、今日6月16日(金)の17:00、21:30、23:30、J:COMチャンネル多摩 (Ch.11) …

コメントなし

私たちについて

会の趣旨

国立市内にある梨園は、園主の高齢化と後継者不足のため、梨園の維持・管理が困難になり、困っている梨園もあるそうです。事実2001年に一軒の梨園が、2004年には一軒の梨園で梨畑の半分が 、2006年にも一軒の梨園が無くなりました。更に2008年に一軒が閉園し、2009年にも区画整理のために一軒の梨園が閉園と、次第に少なくな り、2012年には当初10園あった梨園は2園となりました。

国立市から梨園が消えることのないよう、心ある市民の皆様で、梨園の維持・管理のお手伝いをしながら、労働の快い汗を楽しみ、梨園農家の人々との交流を深め、参加された方々との親睦を深め、よりよい・より幅広い地域社会生活での1ぺージが付け加われば楽しいと思います。


主な活動

2000年に始まった会の活動は、約10名の通年会員を中心に、花粉付けの季節には、体験ボランティアの方にお手伝いいただき、次のような活動を行っています。

枝かたずけ、ワラしき、花粉づけ、摘果、袋かけ、網はりなどの年間作業、活動は年間100日ほどです。

会員募集

あなたも、「梨園の四季」に付き合ってみませんか。あなたの都合の良い日、半日でも結構です。

作業に対する報酬はありません。交通費・お弁当も自弁です。また、泥だらけになっても、梨園には着替えの場所がありません。そのまま帰宅します。しかし、秋、収穫に応じて、もぎたての梨が頂けます。

通信費・事務費として年間1,000円の会費を納入していただきます(体験ボランティアの方は不要です)。

ブログ

香港の高校生たちが体験ボランティアをしにやってきました

香港啟思中學の4年生(日本の高校2年生に相当)8人が梨園に体験ボランティアをしにやって来ました。引率教師2名と一緒に谷保駅に到着、谷保天満宮でお参りをした後、いよいよ梨園へ。 梨園では午前中、害虫忌避剤の設置、重労働の藁 …

お問い合わせ