ホーム

「援農ボランティア養成講座」のご案内

 くにたち・梨園ボランティアは、これまで任意団体として市内の梨農家を支援して参りましたが、活動開始から20年が経ち高齢化が課題となっています。このままでは、体験ボランティアの方にお手伝いいただいたとしても、国立の梨を残し …

梨の子は少しずつ大きくなっています

今年の花粉付けが終了して10日経ちました。桜の開花が早かった今年は、半袖姿で花粉付けをしたと思ったら翌日には雪が降り積もり、気温の乱高下や暴風雨の襲来と、春の長閑さはどこへやら、波乱万丈という感じです。 それでも、体験ボ …

私たちについて

会の趣旨

国立市内にある梨園は、園主の高齢化と後継者不足のため、梨園の維持・管理が困難になり、困っている梨園もあるそうです。事実2001年に一軒の梨園が、2004年には一軒の梨園で梨畑の半分が 、2006年にも一軒の梨園が無くなりました。更に2008年に一軒が閉園し、2009年にも区画整理のために一軒の梨園が閉園と、次第に少なくな り、2012年には当初10園あった梨園は2園となりました。

国立市から梨園が消えることのないよう、心ある市民の皆様で、梨園の維持・管理のお手伝いをしながら、労働の快い汗を楽しみ、梨園農家の人々との交流を深め、参加された方々との親睦を深め、よりよい・より幅広い地域社会生活での1ぺージが付け加われば楽しいと思います。


主な活動

2000年に始まった会の活動は、約10名の通年会員を中心に、花粉付けの季節には、体験ボランティアの方にお手伝いいただき、次のような活動を行っています。

枝かたずけ、ワラしき、花粉づけ、摘果、袋かけ、網はりなどの年間作業、活動は年間100日ほどです。

会員募集

あなたも、「梨園の四季」に付き合ってみませんか。あなたの都合の良い日、半日でも結構です。

作業に対する報酬はありません。交通費・お弁当も自弁です。また、泥だらけになっても、梨園には着替えの場所がありません。そのまま帰宅します。しかし、秋、収穫に応じて、もぎたての梨が頂けます。

通信費・事務費として年間1,000円の会費を納入していただきます(体験ボランティアの方は不要です)。

ブログ

「援農ボランティア養成講座」のご案内

 くにたち・梨園ボランティアは、これまで任意団体として市内の梨農家を支援して参りましたが、活動開始から20年が経ち高齢化が課題となっています。このままでは、体験ボランティアの方にお手伝いいただいたとしても、国立の梨を残し …

梨の子は少しずつ大きくなっています

今年の花粉付けが終了して10日経ちました。桜の開花が早かった今年は、半袖姿で花粉付けをしたと思ったら翌日には雪が降り積もり、気温の乱高下や暴風雨の襲来と、春の長閑さはどこへやら、波乱万丈という感じです。 それでも、体験ボ …

梨の花粉付け2020 体験ボランティア募集

桜の花が満開になるころ、真っ白な梨の花が咲き始めます。それから約1週間の間、市内に残る2軒の梨園では、数が少なくなったミツバチの代わりに人手で行う梨の花粉付け作業が最盛期を迎えます。梨の花粉付け作業をお手伝いくださる体験 …

お問い合わせ